十種競技の世界記録保持者 アシュトン・イートン引退を発表

十種競技の世界記録保持者であるアシュトン・イートンが引退を発表した。

アシュトン・イートンは2011年の世界陸上テグ大会では銀メダルを獲得、翌年のロンドンオリンピックでは金メダル、2013年の世界陸上モスクワ、2015年の世界陸上北京大会では世界新記録(9045点)を樹立し世界陸上2連覇を達成。

2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでは五輪2連覇となる金メダルに輝いた。

同時にアシュトン・イートンの妻で世界陸上モスクワ・北京の両大会七種競技おいて銀メダルを獲得しているブリアンヌ・タイゼン ・イートンも引退を発表した。

おすすめの記事