山梨学院大学陸上競技部が今シーズンの新体制を発表した。

主将には上田誠仁監督の実子である上田健太が就任。

上田健太は昨年、出雲駅伝1区:区間3位や上尾ハーフマラソンで2位になる等の成長をみせており、高校駅伝で最終学年時に優勝した時のような再来が期待される。

副主将には、現在2年生の永戸聖が就任。

今年のチームスピリットは『紺青復活』〜ゼロからの挑戦〜と発表した。

今期の山梨学院大には奮起の1年が期待される。

2016年のチームスピリット「勁草の如く 覚悟を決めろ!情熱を燃やせ!勝利への徹底!」

上田健太プロフィール

生年月日:1995年7月5日 出身:山梨県

経歴:山梨大学附属高校ー山梨学院大学

【自己ベストタイム】5000m:13分56秒04 10000m:28分48秒92

ハーフマラソン:1時間02分01秒

永戸聖プロフィール

生年月日:1997年1月13日 出身:岩手県

経歴:盛岡工業高校ー山梨学院大学

【自己ベストタイム】5000m:14分05秒73 10000m:29分06秒89

ハーフマラソン:1時間03分01秒

おすすめの記事