【秋山雄飛】三田市役所で箱根駅伝の優勝を報告

秋山雄飛(青山学院大学)が自身の出身地である兵庫県三田市役所に訪問し、市長へ箱根駅伝優勝の報告を行った。

秋山は2年連続で3区を走り、昨年に引き続き区間賞を獲得。

前を行く神奈川大学からは38秒差でスタートしたが、このビハインドを物ともせず、平塚中継所地点では2位に1分22秒差をつける圧巻の走りをみせ、湘南の神の称号を得た。

秋山は「卒業後、実業団で3年間は駅伝に取り組み、その後マラソンに挑戦したい」と語っている。

秋山雄飛プロフィール

生年月日:1994年5月2日 出身:兵庫県三田市

経歴:須磨学園高校ー青山学院大学ー中国電力(予定)

【自己ベスト記録】

5000m:13分53秒76 10000m:28分58秒93

ハーフマラソン:1時間02分29秒

2014 全日本大学駅伝 3区 区間6位
2016 箱根駅伝 3区 区間賞
2017 箱根駅伝 3区 区間賞
おすすめの記事