前田彩里がマネジメント契約 所属はダイハツ陸上競技部のまま

ダイハツ陸上部に所属するマラソンランナーの前田彩里がファーストトラックとマネジメント契約をすることが分かった。

前田は佛教大学在学時に出場した2014年の大阪国際女子マラソンで、日本学生記録をたたき出し注目を集めた。(タイムは2時間26分46秒)

2015年には名古屋ウィメンズマラソンに出場し、転倒して左手首を骨折したにも関わらず、日本人トップとなる2位(2時間22分48秒)でゴール。この結果により、世界陸上北京大会の切符を手にしている。

近況では、故障により戦線から離れていたが、マネジメント契約という新たなる動きをみせ、2020年の東京オリンピックへの挑戦が始まった。

前田彩里はダイハツに所属したまま競技を続ける。

前田彩里プロフィール

生年月日:1991年9月17日 出身:熊本県

経歴:熊本信愛女学院高校ー佛教大学ーダイハツ

【自己ベストタイム】

1500m:4分24秒39 3000m:9分15秒58

5000m:15分32秒22 10000m:32分03秒43 フルマラソン:2時間22分48秒

おすすめの記事