大学駅伝の伝説 小島一恵が引退

豊田自動織機所属の小島一恵が昨日行われた大阪ハーフマラソンをもって引退することが分かった。

小島は立命館大学時代には大学駅伝で個人成績負けなしと大活躍をみせ、卒業後には豊田自動織機に加入。

社会人1年目には日本選手権5000mで6位に入賞するなどの活躍をみせていたが、その後故障や膝の手術を受けるなどして、再度全盛期の力に戻ることは無かった。

たらればを言い出したらキリがないが、ジャイアンツの吉村並のタラレバを考えてしまう程の選手と感じている。

小島一恵プロフィール

生年月日:1987年10月14日 出身:奈良県

経歴:立命館宇治高校ー立命館大学ー豊田自動織機

【自己ベストタイム】

・5000m:15分35秒87 ・10000m:32分34秒45

・2006年 全日本大学女子駅伝2区 区間賞(21分20秒)

・2007年 全日本大学女子駅伝3区 区間賞・区間新記録(29分41秒)

・2008年 全日本大学女子駅伝3区 区間賞・区間新記録(29分35秒)

・2009年 全日本大学女子駅伝3区 区間賞・区間新記録(29分19秒)

おすすめの記事