青梅マラソン2017 招待選手・結果速報

2017年2月19日(日)に東京都青梅市で「第51回青梅マラソン」が開催されます。
招待選手には昨年この大会で優勝した押川裕貴(トヨタ自動車九州)や山の神:神野大地がエントリーされており、激戦が予想されます。
アップダウンが続くこのコースでは山の神が輝くのか。
今から本当に楽しみな大会です。

コース

【30kmの部】

スタート:西武総合設備研究所前 フィニッシュ:青梅市総合体育館前

スタート時間:11時30分

青梅マラソン コース
photo credit:青梅マラソン

高低差

青梅マラソン コース 高低差
photo credit:青梅マラソン

スタートしてから折り返すまでは基本上り坂、折り返してからは下り坂が続く、アップダウンが激しいコース。

招待選手 男子

氏名 所属 ベストタイム
ザッカリー・
ハイン
アメリカ 1時間03分53秒
(ハーフマラソン)
ギザエ・
マイケル
スズキ浜松AC 1時間02分27秒
(ハーフマラソン)
押川裕貴 トヨタ自動車九州 1時間02分30秒
(ハーフマラソン)
神野大地 コニカミノルタ 1時間01分21秒
(ハーフマラソン)
藤森憲秀 中国電力 1時間02分39秒
(ハーフマラソン)
口町亮 東洋大学 1時間03分29秒
(ハーフマラソン)
土井大輔 法政大学 1時間05分45秒
(ハーフマラソン)

招待選手 女子

氏名 所属 ベストタイム
鷲見梓沙 ユニバーサルエンターテインメント 15分17秒62
(5000m)
宇都宮亜未 キャノン
AC九州
1時間13分59秒
(ハーフマラソン)
小指有未 ワコール 1時間15分04秒
(ハーフマラソン)

歴代優勝者・タイム

2016年 押川裕貴 トヨタ自動車九州 1時間31分37秒
2015年 長谷川清勝 JR東日本 1時間33分06秒
2014年 中止
2013年 伊藤正樹 コニカミノルタ 1時間30分21秒
2012年 田村英晃 JR東日本 1時間33分26秒
2011年 ジェイソン・レムクール アメリカ 1時間32分08秒
2010年 太田崇 コニカミノルタ 1時間31分54秒
2009年 黒崎拓克 コニカミノルタ 1時間32分50秒
2008年 中止
2007年 田中宏樹 中国電力 1時間32分12秒

優勝賞金(30kmの部)

男女ともに優勝者には50万円が授与され、コースレコードを更新した最上位者に200万円が授与される。

コースレコードは2013年に伊藤正樹が記録した1時間30分21秒です。

また、男子のみになりますが瀬古利彦さんの参考記録(1時間29分32秒)を更新した最上位者に100万円が授与される。
※対象:日本国籍保有者、日本陸連登録者

おすすめの記事