中央学院大学駅伝部の新主将に新井翔理、副主将に大森澪が就任した。

新井は今年の箱根駅伝では4区11位と不完全燃焼だったが、来年は底上げが予想され、大森は2016年の箱根駅伝は2区10位、2017年は1区8位と安定した力をみせている。

来年度の中央学院の戦力は、箱根駅伝5区で区間3位の細谷恭平や、山下りのスペシャリストの樋口陸がおり山は万全。また、1年生で箱根駅伝の主力区間を経験した高砂大地(2区)、横川巧(3区)、藤田大智(9区)など充実した戦力が残っている。

来年の箱根駅伝で青山学院の牙城を崩すのは、育成力が高い川崎勇二監督なのかも知れない。

新井翔理(あらいしょうり)プロフィール

生年月日:1995年6月5日 出身:群馬県

経歴:東農大二高校ー中央学院大学

【自己ベストタイム】
・5000m:14分05秒40
・10000m:29分28秒84
・ハーフマラソン:1時間03分36秒

大森澪(おおもりれい)プロフィール

生年月日:1995年10月23日 出身:大阪府

経歴:関大北陽高校ー中央学院大学

【自己ベストタイム】
・5000m:14分08秒53
・10000m:29分06秒71
・ハーフマラソン:1時間02分47秒

おすすめの記事