2017年9月24日に行われた全日本実業団対抗選手権 男子100mにおいて、山縣亮太が10秒00を記録。
日本歴代2位タイの好タイムで優勝した。
9月9日に桐生祥秀が9秒98で更新するまで9秒台の壁は厚かったが、今の日本スプリンター界ではこの壁はすでに倒壊していると言っても過言ではない。
山縣のこの記録をみた桐生は自身のツイッターで
「こっからバンバン抜かれたり抜いたりが始まるんやろな」とツイートしている。

日本人が9秒台の記録を抜きつ抜かれつする時代がついに到来した。

おすすめの記事